さいたま市立大宮国際中等教育学校(母体:さいたま市立大宮西高等学校)

基本情報

  • 所在地

    〒330-0856

    さいたま市大宮区三橋4-96

  • 電話番号

    048-829-1671 内線4145

  • webサイト

入試情報

選抜方法

  • 適性検査(50分)
  • 適性検査II(40分)
  • 適性検査III(45分)
  • 作文
  • 面接
  • 実技
  • 製作
  • 課題
  • グループ活動(30分)
  • 抽選

《一般枠》
【適性検査A】<第1次選抜>
・小学校で身に付けた様々な分野の基礎的・基本的な知識を活用する力をみる。
・グローバル・スタディの授業で身に付けた知識を活用し、適切に判断する力をみる。
【適性検査B】<第1次選抜>
・発展的な課題に取り組み、自分の知識を活用して考え、課題を解決する力をみる。
・文章や資料などを読み取り、適切に判断・表現する力や自然現象・数理的事象などについて科学的に理解し、分析したり合理的に説明する力をみる。
【適性検査C】<第2次選抜>
・文章や資料から課題の意図を読み取り、自分の考えをある程度まとまった文章で表現する力をみる。
・複数の課題について、それぞれ300字程度でまとめる。
【集団活動】<第2次選抜>
・小学校のグローバル・スタディで身に付けたコミュニケーションをするために必要な力をみる。
・1部屋12人程度で、さいたま市立小学校で実施しているグローバル・スタディの授業に即した活動を行う。
《特別枠》
【適性検査D(筆記)】<第1次選抜>30分
・様々な分野の基礎的・基本的な知識を活用する力をみる。
【個人面接】<第1次選抜>8分
・さいたま市立大宮国際中等教育学校の特色をふまえ、6年間の一貫教育の中で学ぼうとする意欲や態度をみる。
【適性検査E(論文)】<第2次選抜>45分
・自分の考えをある程度まとまった文章で表現する力をみる。
【集団活動】<第2次選抜>30分
・コミュニケーションをするために必要な力をみる。

2019年度募集定員

男女各80名程度
保護者とともにさいたま市内に居住している者
ア.帰国生特別選抜:日本国外における在住期間が、帰国時からさかのぼり、継続して2年以上で、帰国後2年以内の者
イ.外国人特別選抜:在日期間が平成31年4月1日現在で通算して3年以内の者で、外国籍を有する者
ア、イ合わせて定員の10%程度

160

2019年度倍率

出願者数:1010名(男子:444名/女子:566名) 倍率:6.31
受検者数:996名(男子:437名/女子:559名)

6.23

ポイント

グローバル化先進校として「国際交流の充実と外国語運用能力の育成」「これからのグローバル社会で必要なICT活用能力に基づき、世界へ情報発信できる力の育成」を目指す、さいたま市立大宮西高等学校が、平成31年度より中等教育学校として生まれかわります。(平成30年度より高校は募集停止)
市立大宮西高等学校についてはH27年度入学生は募集人数を240名とし、1クラス30人学級の8クラス展開となります。
国際バカロレア認定校も目指す予定です。
<基本方針>

  1. 育てたい生徒像:さいたま市から世界へ飛躍するグローバル人材
  2. 設置形態:中等教育学校
  3. 対象校:さいたま市立大宮西高等学校
  4. 開校時期:平成31年4月
<目的>
さいたま市から世界に飛躍するグローバル人材を育てることを目的に、6年間の系統的・継続的な教育活動を展開し、中高一貫教育の利点を最大限に生かすことができる中等教育学校を設置
詳細わかり次第アップ致します。
詳しくはさいたま市立大宮西高等学校HP
さいたま市高校教育課 048-829-1671 内線4145
担当:関田様・加藤様・樋口様

このページのトップヘ